フェラーリ 風を味方に | グランテスタ

フェラーリ正規ディーラー フェラーリ長野・金沢サービスセンター



フェラーリ 風を味方に


BLOGをご覧の皆様へ。

今朝空を見上げて感じたこと・・・

IMG_1121

少し秋を感じる雲だな~ と・・・思いきや
日中はまだまだ夏でした!

余談はさておき本題へ。

皆様ご存知のようにフェラーリはF1開催初年度より唯一参戦をしているメーカですが、
レースの世界は如何に速くサーキットを駆け抜けるかが重要なテーマで、
各チームは多額の予算を組んでこのテーマに日々取り組んでいます。

速く走るためにはパワーユニットを効率よくパワーを出すか?
ダウンフォースをどうやって増やすか?
ドラックをどうやって減らすか?

これは市販車も変わりのない永遠のテーマになります。

そこで今回はダウンフォースに関係したお話を少し・・・
ダウンフォースとは空気の力を利用して車体を路面に押し付ける力を発生させることです。
床下と車体側面と上部にいかに綺麗に空気を流すかで押し付ける力が大きく変わります。
フロントやリアにスポイラーやウイングを付ければいいじゃんと考えがちですが、
この考えにはドラックが増えるというデメリットがあります。ドラックが増えると
トップスピードへ大きな影響が発生します。これは大問題です。
またスポーツカーは美しさも重要な課題です。可能な限り美しいボディーラインを犠牲にしたくはありません。

そこで近代フェラーリが考えたのが、空気と仲良くなり味方にしよう! です。

フロントからの空気をいかに効率よくきれいにリアへ導くか?を考えデザインをしています。

例えばリアセクション

IMG_1122

水を空気に見立ててみるとリアの最後部で跳ね上がっているのが確認できます! ちょっとわかりずらい?
フェラーリではこの部位をリアスポイラーと呼んでいます。
美しいデザインを犠牲にすることなく車体を押し付ける効果がハッキリと確認できます。

また、サイドセクションも

IMG_1127

きれいにリアセクションに向け空気が流れているのが解ります。
いかに空気を味方につけているかお判りいただけたでしょうか?

空気が目に見えると感動しませんか? 私だけですかね?

 

 

本日、金沢ショールームに
740頭の馬を引き連れ、空気を味方につけた
フラッグシップが入庫しました。

IMG_1130

皆様是非ご自身の目で確かめてください。
お待ちしています。

只今、
特別低金利1.9%ローンをお使いいただける
PRE-OWNED Fairを開催しています。

それではまた。