金沢ファクトリー・レポート | グランテスタ

フェラーリ正規ディーラー フェラーリ長野・金沢サービスセンター



金沢ファクトリー・レポート


皆様、12月なのに暖かい日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
今回のレポートは前回お届けしました、360と512BBの追加レポートです。

先ずは360Modenaから。
昨日お客様より追加作業のご依頼をいただき、早速作業を開始いたしました。

img_0673
内装をバラバラにし個々のパーツを取り外しております。
何の作業でしょうか?

答え・・・
フェラーリオーナーのお悩みの一つ
ベタベタになったスイッチ関係などをリフレッシュする
通称「ベタ処理」です。
ベタベタの状態だと
触る端から手や服に黒くて落ちづらいべた付く塗料でお困りのオーナー様も多いと思います。
今回はタイミングベルト交換とあわせ、冬眠の時期に合わせご依頼をいただきました。
これで来シーズンは快適なドライブをお楽しみいただけると思います。
皆様もご自身のフェラーリ、ベタベタしていませんか?

続いては、車検でご入庫いただいている
512BBです。
整備中どうもエンジンの調子がおかしい!
色々と調べを進め、突き止めました!
原因はこちら☟

img_0672 img_0674

フューエル・デストリビューター(フューエル・デスビ)
デスビが正常に機能しない為
燃料の分配が正確にできず、12気筒の片バンク6気筒が死んでおりました。
でも、さすが12気筒、6気筒でもエンジンは普通に始動するし、走行も可能でした。

しかしこのパーツ高額な上入手困難。
探しました、オーバーホールができるショップを!
本日先方の受け入れ準備も整い発送いたします。
まだしばらく作業が続きますが、ベストなコンディションに仕上げ
お届けいたしますので、オーナー様今しばらくお待ちください。