Ferrari Technology Vol.5 | グランテスタ

フェラーリ正規ディーラー フェラーリ長野・金沢サービスセンター



Ferrari Technology Vol.5


今回は430以降のモデルから搭載されている

Launch Control  ローンチコントロール

についてご紹介したいと思います。

IMG_3233

センターコンソールにある作動スイッチですが

車種によってLAUNCHとL.C.と略された2パターンがあります。

IMG_3238

公道では危険ですので使用する機会がほとんどないものですが

発進時のホイールスピンを防ぎ、エンジン回転とクラッチの繋ぎ加減を

電子制御して最高の発進加速を得る事が出来ます。

発進時限定のとても高度なトラクションコントロール機能です。

IMG_2871

作動方法ですが、まずは車両を停止させて「マニュアルモード」にします。

マネッティーノはRACE、CT OFF、CST OFF(ESC OFF)のどれかを選択。

そしてブレーキを踏みこみ1速にシフト。

そしてLAUNCHスイッチを押します。するとメーターに

IMG_3241

 

launchと表示され、

エンジン音が変化します。

(低音でドドドドド)

準備完了です。

この音の変化、個人的にかなり

カッコよくて好きです!

 

あとは左足でブレーキを踏みながら、右足でアクセル全開!

自分の好きなタイミングでブレーキを離せば、スタートです!

 

488でローンチコントロールを使用した発進を撮影した動画がありますので

ご覧ください。(パッションデイというイベント時に撮影したものです)

IMG_2870

 

ケータイで遠くからの撮影でしたが、わかりますでしょうか?

ローンチコントロールを使用すると

発進の瞬間リアがかなり沈み込みます!画面が小さくてすみません。

通常の(マネッティーノWET、SPORTでの)フルスロットル発進では、こんなに沈みません!

トラクションのかかり具合も違ってスタートで大きく差が付きそうです。

比較のために通常発進の動画もあれば良かったのですが…

撮り忘れてしまいました…。

実際体感してみての感想は、もう何というか…とんでもなく速い!ですかね(笑)

 

488の加速性能0-100km/hは3秒という驚異的なタイムです。

IMG_2865

レースではスタート直後のポジション争いが重要になりますし、

レースを主とするフェラーリにローンチコントロールは必要不可欠な装置ですね。