Ferrari 「風を味方に」Vor6 | グランテスタ

フェラーリ正規ディーラー フェラーリ長野・金沢サービスセンター



Ferrari 「風を味方に」Vor6


皆様、4月の声も聞こえる今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

今回は、「風を味方に」Vor6をお届けいたします。
Vor5から最新の「Ferrari 488 PISTA」を題材にお届けしておりますが、
前回の「S-ダクト」に続き、フロント周りのお話です。

フロントセクションで「S-ダクト」と一緒に目を引くのが、

Ferrari 488 Pista_3

バンパーサイドのパーツです。
青い矢印はエアの取り入れ口で、
高速の気流がフロントホイールハウス内に導かれています。
導かれた気流はホイールの回転で乱されたホイールハウス内の気流を押し出し、
赤い〇印のスプリッターはホイール外側中心部に向けて気流を導き、
ホイールハウス内の乱れた気流を吸い出す役目を果たします。
また、緑色の〇印はフロントバンパー底部で整流された気流をフロントホイール前方に排出し、
同様にフロントタイヤで乱された気流を整え、サイドからリアに向け気流を効率的に整えます。

「Ferrari 488 PISTA」は前回もお伝えしましたが、サーキットで効果を確認したエアロダイナミクスを
積極的に取り入れていますので、
以前発表された、サーキット専用モデル「488GT3」にも同様な処理が見て取れます。

488GTE

無題

コンピューターのシミュレーション画像でも
気流の流れが理解できると思います。

この様な細かな構造やパーツが、
強力なダウンフォースを生みだすことをご理解いただけたことではないでしょうか。

では次回のVor7をお楽しみに。